076-286-4647

〒920-0271 石川県河北郡内灘町鶴ヶ丘2丁目103

院長の健康よもやま話

院長の健康よもやま話

免疫システムについて

皆さん誰も一度は「風邪」をひいたご経験がお有りと思います。

では、その風邪で、発熱した時にすぐに解熱剤を飲んで熱を下げた方が良いのでしょうか?

人間の身体は、細菌やウイルスなどの病原体が侵入した時に、排除しようとする防御機能が

備わっています。例えば、鼻の粘膜に取り付いた病原体を排除する為に、粘液は鼻水となって体外へ押し流そうとします。

また、咳や痰は、喉の粘膜についた病原体を吐き出すためのものなのです。しかし、多量の病原体が侵入して来て

通常の防御機能では対応出来ないと為った時に、体温を上げて病原体を殺して身体を守ろうとするのです。

病原体は比較的低音の環境を好み、熱には弱いと言う性質が有るからです。また、体温を上げる事で免疫細胞の活動が活発に成ります。即ち<免疫システム>ですね。

病原体が体内に侵入し、脳の視床下部の体温調節中枢から体温を上げる様にと指令が出されると、皮膚の血管が収縮したり、

熱を作るために筋肉を震わせて、効果的に体温を上昇させたりします。発熱時に寒気を感じるのは其の為です。寒気が有る

時には身体を温めると次第に体温が安定して寒気は収まります。体温調節が設定温度まで体温をあげると、免疫細胞が

活発に活動し、病原体を攻撃します。病原体が排除されると体温調節中枢が再び働き体温が下がるのです。

熱が出た!!直ぐに解熱!!よりも、貴方の防衛軍に暫しお任せに成りませんか。

そもそも、風邪薬と言った物は有りません。風邪は、200種類以上あると言われるウイルス感染によっておこる感染症の総称なのです。その原因と成るウイルスを特定できない為に抗ウイルス薬が有りません。したがって、感染によっておこる症状の緩和を行っているものなのです。

風邪の治療には、その人の抵抗力・免疫力を高める事が最も良い方法なのです。其の為にも、充分な睡眠・安静・保湿、そしてしっかり栄養を取る事が

大切なのです。 好き嫌いは無くしましょうね。

 

« »